株式会社トランジット 利用規約

この利用規約(以下「本利用規約」といいます。)は、株式会社トランジット(以下「当社」といいます。)が提供する本サービス(第1条において定義されます。)のご利用の条件を本サービスのユーザー(第1条において定義されます。)と当社の間で定めるものです。本サービスをユーザーとしてご利用いただくには、本利用規約をお読みの上、ご同意いただく必要がございます。本サービスをご利用になる前に、本利用規約をよくお読みください。本利用規約に同意いただけない場合は、本サービスを使用することはできませんので、予めご了承ください。

第1条(本利用規約の目的及び適用範囲)

  1. 本利用規約は、本サービスの内容、本サービスの提供条件その他本サービスの利用に関する条件をユーザーと当社との間で定めることを目的とし、ユーザーと当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。ユーザーは、本利用規約に取消不能な同意をしたうえで、本利用規約の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。ユーザーは、本サービスを利用することにより本利用規約に取消不能な同意をしたものとみなされます。
  2. 本利用規約とは別に個別規程がある場合、ユーザーは本利用規約のほか個別規程の内容も遵守しなければならないものとし、個別規程は本利用規約の一部を構成するものとします。個別規程において、本利用規約の一部の適用を排除し、又は本利用規約と異なる事項を定めた場合、当該部分については、当該個別規程が優先的に適用されるものとします。
  3. ユーザーと当社との間で、特別な契約の必要性が生じた場合は、別途個別契約を締結するものとします。個別契約において、本利用規約若しくは個別規程の一部の適用を排除し、又は本利用規約若しくは個別規程と異なる事項を定めた場合、当該部分については、当該個別契約が優先的に適用されるものとします。

第2条(定義等)

本利用規約においては、以下の用語は、特段の定義がある場合及び文脈上別異に解すべき場合を除き、それぞれ以下に定める意味を有するものとします。

  1. 「本サービス」とは、当社がユーザーに対して提供する「ガチャレジ」、「OrderUP」、その他のインターネットサービス(これらの後継サービスを含みます。)をいいます。
  2. 「利用権」とは、本利用規約で許諾された範囲内において、当社がASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)方式により提供する本サービスを利用することができる権利をいいます。
  3. 「ユーザー」とは、第3条に基づき、本サービスの利用に係る登録を行い、当社との間で本利用規約に基づく本サービスの利用契約を締結した者をいいます。
  4. 本サービスの「契約ID」とは、利用権を許諾された場合に与えられる乱英数字等をいいます。1つの利用権毎に1つの契約IDが与えられます。
  5. 「個別規程」とは、本サービスに関して、本利用規約とは別に、ガイドライン、ポリシー、規程、規約等の名称で当社がウェブサイト上に掲示またはユーザーに配布する文書をいいます。
  6. 「個別契約」とは、本サービスの利用に関し、ユーザーと当社間で個別に締結される契約をいいます。
  7. 「コンテンツ」とは、文章、音声、音楽、画像、動画、プログラムその他の情報をいい、本サービスを通じてアクセスすることができるコンテンツを「サービスコンテンツ」、ユーザーが本サービスを利用して送信等したコンテンツを「ユーザーコンテンツ」とそれぞれいいます。
  8. 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権をいい、それらの権利を取得しまたはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。

第3条(登録)

  1. ユーザーとして本サービスの利用を希望する者(以下「申請者」といいます。)は、、インターネット回線を通じて送信する方法その他当社所定の方法により、本サービスに関する登録の申請を行うものとします。
  2. 前項の登録申請を受けて、当社は、当社所定の基準に従って、かかる申請に対し、登録の可否を判断し、これを認める場合にはその旨を申請者に通知し、これにより登録が完了します。当社は、登録が完了したユーザーに対し、契約ID及びログインアカウント(以下「契約ID等」といいます。)を発行します。当該契約ID等の発行をもって、ユーザーと当社との間での本利用規約に基づく本サービスの利用契約が有効に成立します(以下契約ID等の発行日を「利用開始日」といいます。)。
  3. 申請者が以下の各号のいずれかに該当する場合、当社は当該申請者の登録及び契約ID等の発行を拒否することができるものとします。この場合、当社は、当該申請者に対し、理由を説明する義務を負わないものとします。
    1. 申請に関連して当社に提供された情報の全部又は一部につき虚偽、誤記、不足又は公序良俗に違反し若しくは第三者に不快感を与える内容があった場合
    2. 未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人であり、法定代理人、後見人、保佐人又は補助人の同意を得ていなかった場合
    3. 過去に本利用規約に違反したことがある場合
    4. その他当社が不適切と判断した場合
  4. ユーザーは、事業者でなければならないものとし、ユーザーは、ユーザー自身の組織に所属する役員及び従業員を対象に、ログインアカウントを登録することができます。
  5. ユーザーに関する情報は、常に完全かつ最新のものでなければならず、ユーザーは、当該情報に変更等があった場合には、直ちに当社の指定する方法により完全かつ最新の情報への変更等を行うものとします。なお、当該変更等が適切かつ適時になされなかったことによりユーザーに何らかの損害が生じた場合、当社は当該ユーザーに対し、一切の責任を負わないものとします。

第4条(契約ID等の管理)

  1. 契約ID等を使用して行われた一切の行為は当該ユーザーに帰属し、当該行為については、当社は一切責任を負わず、当該ユーザーが全責任を負うものとします。
  2. ユーザーは、自身の契約ID等について、自らの責任においてその秘密を保持しなければならず、第三者に利用させてはならないものとします。
  3. ユーザーの契約ID等の盗用、漏えい、第三者による不正アクセスその他の不正使用等によって当社、他のユーザー又は第三者に生じた損害、損失、費用及び負担(以下「損害等」といいます。)については、当社は一切責任を負わず、当該ユーザーにおいて、当社、他のユーザー又は第三者が被った損害等一切を補償することに同意します。
  4. ユーザーの契約ID等が盗用され又は不正使用されていることが判明した場合には、ユーザーは、直ちにその旨を当社に通知するとともに、その後の対応については当社の指示に従うものとします。
  5. 契約ID等は、ユーザーに一身専属的に帰属します。ユーザーの本サービスにおけるすべての利用権は、第三者に譲渡、貸与、売買又は相続等させることはできません。

第5条(利用料の支払)

  1. ユーザーは、当社が別途指定するところに従って本サービス及び本サービスに付随するサービスの利用料を支払うものとします。
  2. ユーザーは、本利用規約に別途定める場合を除き、いかなる場合にも支払った利用料の返還を当社に請求できないものとします。

第6条(決済)

本サービスは決済機能を提供し、又は第三者が提供する決済サービスと連携する機能を提供することがありますが、その場合でも、ユーザーは自らの責任において与信判断を行っていただく必要があり、当該行為に対し、当社は一切の責任を負わないものとします。

第7条(本サービスの利用)

ユーザーは、本サービスに関し有効に契約ID等が発行されている本サービスの契約期間内に限り、本利用規約及び当社の定めるところに従い、本サービスを利用することができます。

第8条(利用環境の整備)

  1. 本サービスを利用するために必要となる通信費及び通信機器等は、ユーザーの負担と責任により準備するものとします。ただし、当社は、ユーザーの使用する通信機器等において、本サービスが正常に動作することを保証するものではありません。
  2. アップル社製のハードウェアに対しての本サービスを利用するために必要なアプリケーションのインストールについては、ユーザーとアップル社の契約及びApp Storeのシステム仕様に準じます。
  3. 本サービスの機能の内、第三者が提供する製品やサービスの利用を前提とするものについては、ユーザーが適式に当該第三者と所要の契約を締結し、かつ、これを継続することが当該機能の利用の条件となります。

第10条(当社による本サービスの利用の停止等)

  1. 当社は、ユーザーが、以下の各号のいずれかに該当する場合は、事前に通知・催告することなく、当該ユーザーの本サービスの利用を一時的に停止し、又は契約ID等を削除することができるものとします。
    1. 本利用規約に違反した場合又は違反するおそれがあると当社が判断した場合(表明保証した事項が真実でなく又は不正確であった場合を含みます。)
    2. 登録した情報が真実かつ正確ではないと判明した場合
    3. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始その他の倒産手続の開始の申立てがあった場合
    4. 第3条第3項各号のいずれかに該当する場合
    5. その他当社が適当でないと判断した場合
  2. 当社は、あらかじめユーザーに通知・催告することなく、最終のアクセスから180日以上経過しているユーザーの契約ID等を削除することができるものとします。
  3. ユーザーが死亡した場合、当社は、当該ユーザーの契約ID等を削除できるものとします。また、ユーザーが死亡した場合、その時点で本サービスを退会したものとし、当該ユーザーが有していた本サービスに関する権利義務は当該ユーザーに一身専属に帰属し、相続されないものとします。
  4. 理由の如何を問わず、契約ID等が削除された時点において当社とユーザーとの間の本利用規約に基づく契約関係は終了し、本サービスを利用することができなくなります。ユーザーが誤って契約ID等を削除した場合も、当社が別途認める場合を除き、契約ID等の復旧を行うことはできず、本サービスを再度利用する場合には、あらためて契約ID等の発行を行うものとします。
  5. 当社とユーザーとの間の本利用規約に基づく契約関係が終了した場合、ユーザーは、本サービスの利用に関して当社に負う債務及び義務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当該債務及び義務を履行しなければならないものとします。また、ユーザーは、本サービスの利用が停止となった場合でも、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務及び義務を一切免れることはできないものとします。
  6. 当社は、本条に基づき当社が行った行為によりユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(本サービスの一時停止等)

  1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前の通知をすることなく、本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中断することができるものとします。
    1. 本サービスに係るサーバー、ネットワークその他のコンピューター・システム又は通信回線、設備等の点検、保守、修理又は変更作業を行う場合
    2. 本サービスに係るサーバー、ネットワークその他のコンピューター・システム又は通信回線、設備等の使用が地震、落雷、火災、風水害、天災地変、停電等の不可抗力により停止又は中断した場合
    3. 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始その他の倒産手続の開始の申立てがあった場合
    4. 行政当局又は裁判所等から本サービスの全部又は一部の提供を一時停止又は中断するよう指導、勧告、命令等を受けた場合
    5. 上記のほか、当社が合理的理由により本サービスの全部又は一部の一時停止又は中断が必要であると判断した場合
  2. 前項の場合に加えて、当社は、当社の合理的判断により、いつでも本サービスの内容を変更し又は提供を終了することができるものとします。当社は、本サービスの提供を終了する場合には、事前にその旨を公表し、かつ、ユーザーに通知するものとします。当社が本サービスの提供を終了する場合には、当該終了の時点において当社及びユーザー間の本利用規約に基づく契約関係は終了するものとします。
  3. ユーザーが死亡した場合、当社は、当該ユーザーの契約ID等を削除できるものとします。また、ユーザーが死亡した場合、その時点で本サービスを退会したものとし、当該ユーザーが有していた本サービスに関する権利義務は当該ユーザーに一身専属に帰属し、相続されないものとします。
  4. ユーザーは、前2項に基づく措置がなされた場合でも、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務及び義務を一切免れることはできないものとします。
  5. 当社とユーザーとの間の本利用規約に基づく契約関係が終了した場合、ユーザーは、本サービスの利用に関して当社に負う債務及び義務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当該債務及び義務を履行しなければならないものとします。また、ユーザーは、本サービスの利用が停止となった場合でも、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務及び義務を一切免れることはできないものとします。
  6. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに損害等が生じた場合でも、当該損害等について一切責任を負わないものとします。

第12条(禁止行為)

  1. ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為又はそのおそれがある行為をしてはなりません。当社は、ユーザーによる情報の送信行為が以下の各号のいずれかに該当し、又はそのおそれがあると当社が判断した場合には、本利用規約の他の条項に定める措置のほか、ユーザーに事前に通知することなく、当該情報の全部又は一部を削除することができるものとします。
    1. 法令、裁判所の判決、決定若しくは命令、又は拘束力のある行政上の措置に違反する行為
    2. 公序良俗に反する行為
    3. 当社又は第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上若しくは契約上の権利又は利益を侵害する行為
    4. 面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為及び性行為やわいせつな行為を目的とする行為
    5. 過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引又は助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を送信する行為
    6. 第三者に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為
    7. コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
    8. 当社又は第三者になりすます行為
    9. 意図的に虚偽の情報を流布させる行為
    10. 当社が認めるものを除く、営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為
    11. 反社会的勢力等に対する利益供与その他の協力・関与行為
    12. 宗教活動又は宗教団体への勧誘行為
    13. 第三者の個人情報などを、不正に収集、開示又は送信する行為
    14. 当社による本サービスの運営又は他のユーザーによる本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為
    15. 本サービスの契約ID等を本利用規約に違反して不正な方法にて使用する行為
    16. 本サービスをリバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、修正、改変、翻訳、ソースコードを調べる行為
    17. 本サービスの派生ソフトウェアを作成する行為又は本サービスに関するドキュメントを複製する行為
    18. 上記のいずれかに該当する行為を助長する行為
    19. その他当社が不適切と判断する行為
  2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によりユーザーに損害等が生じた場合でも、当該損害等について一切責任を負わないものとします。

第13条(再提供の禁止等)

ユーザーは、本サービスを第三者に対して再提供することは一切できません。また、ユーザーは、いかなる場合においても、利用権を譲渡、転売、付与、あるいはその使用を再許諾することはできません。したがって、ユーザーはいかなる状況においても、ユーザー以外の法人又は団体の構成員、その他個人に対して、本サービスを使用する権利を与えることはできません。

第14条(解除及び終了)

  1. ユーザーは、本サービスの契約期間中、当社が定める方法で当社に通知することにより、本利用規約に基づく契約関係を解約することができます。この場合、ユーザーは、本サービスの利用に関して当社に負う債務及び義務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当該債務及び義務を履行しなければならないものとします。また、この場合であっても、ユーザーは、本サービスに関して当社、他のユーザーその他の第三者に負う債務及び義務を一切免れることはできないものとします。
  2. 前項の場合に加えて、当社は、当社の合理的判断により、いつでも本サービスの内容を変更し又は提供を終了することができるものとします。当社は、本サービスの提供を終了する場合には、事前にその旨を公表し、かつ、ユーザーに通知するものとします。当社が本サービスの提供を終了する場合には、当該終了の時点において当社及びユーザー間の本利用規約に基づく契約関係は終了するものとします。
  3. ユーザーが、本利用規約、個別規程若しくは個別契約の条項又は条件の1つにでも違反した場合、当社はユーザーへの催告なく即時に本利用規約に基づく契約を解除することができます。
  4. 本利用規約に基づく契約が解約又は解除その他の理由により終了した場合、ユーザーは、本サービス、本サービスの構成部分、ドキュメント、及びその一切の複製物を破棄、並びにサーバー、その他のコンピューターの記憶媒体上から完全に消去し使用を継続してはなりません。
  5. 本利用規約に基づく契約の解約又は解除その他の理由による終了に伴って本サービスの全部又は一部が利用不可能となることによって、ユーザー又は第三者が被った損害等について、当社は一切の責任を負いません。

第15条(知的財産権等)

  1. 本サービス(プログラム、ユーザーインターフェースを含む一切)及び本サービスに関する文書、設計図、ドキュメント等、デジタル・アナログに関わらず、所有権、著作権をはじめとするその他一切の知的財産権その他の権利は、当社に帰属しており(ただし、本サービスに組み込まれたプログラム等の外部の著作物に関しては、その権利者に帰属します。)、本利用規約に基づく本サービスの利用の許諾は、本サービスに関する当社(又は当社に使用許諾している者)の知的財産権その他の権利の使用許諾を意味するものではありません。本サービスには、当社が著作権を有しない第三者のプログラムが含まれている場合があり、これらのプログラムには本利用規約の効力は及びません。
  2. ユーザーは、自らが登録、入力及び送信等した情報について、自らが登録、入力及び送信等するための適法な権利を有していること、当該情報が真実かつ正確であること、並びに当該情報の登録、入力及び送信等が第三者のいかなる権利又は利益も侵害していないことを、当社に対して表明し保証するものとします。
  3. 本利用規約は、ユーザーに対し、当社の商標又はトレードマーク、アイデンティティ等の使用、その他関連した権利を許諾するものではありません。本利用規約で明記されていない権利については、当社に留保されます。
  4. 当社はサービスコンテンツ及びユーザーコンテンツその他ユーザーにかかる一切のデータのバックアップを行う義務を負わないものとします。ユーザーは、ユーザーコンテンツのバックアップが必要な場合には、自己の費用と責任でこれを行うものとします。また、契約期間の満了又は解約、解除等その終了原因の如何にかかわらず、本サービスの利用に関する契約が終了した場合には、当社はユーザーにかかる一切のデータ(ユーザーコンテンツを含みます。)を削除します。
  5. 当社は、法令又は本利用規約の遵守状況などを確認する必要がある場合、事前に通知することなく、ユーザーコンテンツの内容を確認することができるものとします。
  6. 当社は、本サービスに当社又は第三者の広告を掲載することができるものとします。

第16条(不保証及び免責)

  1. 当社は、本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、ユーザーが期待する機能、商品的価値、正確性若しくは有用性を有すること、ユーザーによる本サービスの利用がユーザーに適用される法令等に適合すること、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵がないことを含め、本サービスにつき如何なる保証も行うものではありません。
  2. 当社は、システムやサーバーのダウン、当社による本サービスの提供の一時停止、中断、終了、利用不能又は変更、登録情報の削除又は消失、契約ID等の削除、本サービスの利用によるデータの喪失又は機器の故障若しくは損傷その他理由の如何を問わず、また、債務不履行又は不法行為その他請求の原因の如何を問わず、本サービスに関連してユーザーが被った損害等について一切の責任を負いません。
  3. ユーザーは、自らの責任と判断で本サービスを利用するものとし、本サービスに関してなされた一切の行為、その結果ユーザーに生じた損害等について、当社は一切の責任を負わないものとします。また、当社は、本サービスに関連してユーザーと他のユーザー又は第三者との間において生じた取引、契約、連絡、交渉、協議、紛争等についても、一切の責任を負わないものとします。

第17条(損害賠償)

ユーザーが本利用規約、個別規程又は個別契約に違反し、これにより当社に直接的又は間接的に損害等(弁護士費用の負担も含みます。)が生じた場合(当社がユーザーの利用を原因とする損害等の請求を第三者より受けた場合を含みます。)、当該ユーザーは、当社に対し、当該損害等を賠償する義務を負います。

法令の適用その他の理由により、本利用規約に規定する当社の損害賠償責任を免責する規定にかかわらず当社がユーザーに対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の責任は、当社の過失(重過失を除きます。)による債務不履行又は不法行為によりユーザーに生じた損害のうち現実に発生した直接かつ通常の損害に限り、かつ、ユーザーが直近1ヶ月の期間に当社に対して支払った本サービスの利用料の合計額を上限とします。

第19条(秘密保持義務)

  1. 当社は、ユーザーが登録した情報その他本サービスの管理運営及び提供等に関連して取得したユーザーに係る一切の情報(以下「機密情報」といいます。)について、当該ユーザーの事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとし、第三者に開示又は漏えいしないものとします。
  2. ユーザーは、本サービスの利用に関連して取得した当社、他のユーザーその他の第三者の機密情報について、当該機密情報の帰属主体の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとし、第三者に開示又は漏えいしないものとします。また、ユーザーは、当社の機密情報のうち、本サービスの提供に係る技術的情報(本サービスに関する情報・仕組み・ノウハウ・プログラムソース等を含みますがこれらに限られません。)について、自ら又は第三者のために利用してはならないものとします。
  3. 前2項の定めにかかわらず、次の各号に該当する情報については、機密情報にあたらないものとします。
    1. 相手方から知り得た時点で公知である情報
    2. 相手方から知り得た後、自己の責によらず公知となった情報
    3. 第三者から機密保持義務を負うことなく適法に入手した情報
    4. 相手方から知り得た情報によることなく、独自に開発した情報
    5. 法令又は国家機関の命令又は指示により、開示が義務付けられた情報。但し、当該情報の公開にあたっては、相手方に対し、事前に(事前の通知が困難な場合には公開後直ちに)通知を行うものとします。

第20条(個人情報の取扱い)

ユーザーは、法令及び自らのプライバシー・ポリシー(名称の如何を問いません。)に従って個人情報(個人情報の保護に関する法律第2条第1項に定める個人情報をいい、以下「個人情報」といいます。)を適切に取り扱うものとします。当社は、法令及びプライバシー・ポリシー(https://or-tech.jp/privacy-policy/)に従って、ユーザーの個人情報を適切に取り扱います。

第21条(サポート)

本サービスに関する当社によるサポートは、当社の営業時間内に限られます。

第22条(再委託)

当社は、本サービスに関する自己の業務の全部又は一部を、自らの判断により第三者に再委託することができるものとし、ユーザーは、予めこれを承諾するものとします。

第23条(代理店・販売店等)

  1. 本サービスが代理店・販売店等によって販売されている場合でも、代理店・販売店等は、当社とユーザーとの契約締結を媒介しているか、当社に代わって利用権を販売しているのみとなります。そのため、ユーザーが代理店・販売店を経由して本サービスの申込をした場合でも、本サービスの利用にかかる権利義務関係は、当社とユーザーとの間のみで成立します。
  2. 本サービスが代理店・販売店等によって販売されている場合でも、当社は本利用規約の修正にかかる権限を与えておりません。代理店・販売店等が本利用規約と矛盾抵触する約束をしたとしても、一切無効となります。

第24条(反社会的勢力の排除)

  1. 当社及びユーザーは、自らが次の各号に該当しないことを表明・保証し、かつ将来に亘りこれに該当する行為を行わないことを確約します。
    1. 暴力団、暴力団構成員、暴力団関係企業又はその関係者、総会屋、その他の反社会的勢力(以下「反社会的勢力」といいます。)であること、又は反社会的勢力であったこと
    2. 役員又は実質的に経営に関与する者が反社会的勢力であること、又は反社会的勢力であったこと
    3. 親会社、子会社(いずれも会社法の定義によります。以下同様とします。)又は本サービスの利用のために再委託する第三者が前2号のいずれかに該当すること
  2. 当社及びユーザーは、自ら又は第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
    1. 相手方に対して脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    2. 風説を流布し、偽計又は威力を用い、相手方の信用を毀損し、あるいは相手方の業務を妨害すること
    3. 自ら、その役員又は実質的に経営に関与する者が反社会的勢力への資金提供を行う等、その活動を助長する行為を行うこと
    4. 親会社、子会社又は本サービスの利用のために再委託する第三者が前3号のいずれかに該当する行為を行うこと
  3. 当社は、ユーザーが以下の各号に該当した場合には、何ら事前に通知又は催告をすることなく、当該ユーザーに対する本サービスの全部又は一部の提供を停止し、契約ID等を削除することができるものとします。この場合、第10条の規定に準ずるものとします。
    1. 第1項の表明・保証が事実に反することと判明したとき
    2. 第2項の確約に反して同項各号のいずれかに該当する行為を行ったとき

第25条(通知)

  1. 本サービスに関する当社からユーザーへの通知・連絡は、当社が運営するウェブサイト内の適宜の場所への掲示その他当社が適当と判断する方法により行なうものとします。当社からの通知・連絡が不着であったり遅延したりといったことによって生じる損害等について、当社は一切の責任を負いません。
  2. 本サービスに関するユーザーから当社への通知・連絡は、当社が運営するウェブサイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームの送信又は当社が指定する方法により行うものとします。ユーザーから通知・連絡があった場合、当社は、当社所定の方法により、ユーザーの本人確認を行うことができるものとします。また、ユーザーからの通知・連絡に対する回答方法については、その都度当社が最適と考える方法により回答することができるものとし、その回答方法をユーザーが指定することはできないものとします。

第26条

当社は、必要に応じ、本利用規約を変更できるものとします。当社は、本利用規約を変更した場合には、ユーザーに当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、ユーザーが本サービスを利用した場合又は当社の定める期間内にアカウント削除の手続をとらなかった場合には、ユーザーは、本利用規約の変更に取消不能な同意をしたとみなされるものとします。

第27条(本利用規約上の地位の譲渡)

  1. ユーザーは、当社が事前に書面によって承諾しない限り、本利用規約上の地位又は本利用規約に基づく権利義務を、第三者に対して、譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできないものとします。
  2. 当社が本サービスに係る事業を第三者に譲渡する場合(事業譲渡、会社分割その他本サービスが移転する一切の場合を含みます。)には、当該事業の譲渡に伴い、ユーザーの本利用規約に基づく契約上の地位、本利用規約に基づく権利・義務及びアカウント登録に伴い登録された情報その他の情報を、当社は当該事業の譲受人に譲渡することができるものとし、ユーザーは、かかる譲渡につき予め承諾するものとします。

第28条(分離可能性)

本利用規約のいずれかの条項又はその一部が無効と判断された場合であっても、当該無効と判断された部分以外については、継続して完全な効力を有するものとします。

第29条(準拠法及び管轄裁判所)

  1. 本利用規約は、日本法を準拠法とし、日本法に従って解釈されるものとします。
  2. 本利用規約又は本サービスに関して生じる一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第30条(定めのない事項等)

本利用規約に定めのない事項又は本利用規約の解釈に疑義が生じた場合には、ユーザーは、当社の定めるところに従うものとします。これにより解決しない場合には、当社及びユーザーは、信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。

第31条(存続条項)

第1条、第4条乃至第6条、第8条、第10条乃至第12条、第14条乃至第20条、第25条乃至第29条、並びに本条の規定は、当社及びユーザー間の本利用規約に基づく契約関係が終了した後も引き続き有効にその効力を有するものとします。但し、第19条については、当社及びユーザー間の本利用規約に基づく契約関係が終了した後3年間に限り、引き続き有効にその効力を有するものとします。

お問い合わせ

店舗への導入サポートやアプリの使い方、お問い合わせは下記のリンク先からお願いいたします。

お問い合わせはコチラ

運営会社(株式会社トランジット)のお問い合わせフォームが開きます

App Store